So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

気温が下がると鹿島は上がる。 [Football]

わかりやすい程に運動量が復活した鹿島。この日の気温は26℃。ピッチ上は(特に日向は)もっと暑く感じるかもしれないが、空気は少しひんやりと心地の良い、快適なコンディションだった。

今日の試合は兎にも角にも先制点に尽きる。野沢のバイタルエリア下がり目からのミドルシュートがマルキーニョスに当たってコースが変わり、スローなバウンドでキーパーがタイミングを逸した事もあり、難なくゴールに吸い込まれて行った。

こう言うゴールはというとどちらかと言えば鹿島が被弾しがちな「不運な」失点だ。この日はその不運が大宮を襲った。おそらくこのゴールがなければ、小笠原を故障で交代するハメになった鹿島は焦りが少なからず生まれていたかもしれない。しかし、先制点もあり、気温も動きやすい暑さと、夏場の不調時とは打って変わっての高圧力をかけることが出来ていた。

この圧力を維持できている鹿島は強い。攻守の切り替えも速くなり、不発に終わったが久しぶりに5〜6人が相手ゴールを目指して殺到して行く鹿島のカウンターを拝む事ができた。夏場には見られなかった光景だ。

やや危ない場面もあったが全体的には「いつもの」状態に戻りつつある印象を受けた。今日の試合はマルキーニョス様々な結果かもしれないが、 組織的な守備がバテること無く続けられた事が一番の収穫であり、チームにとっても自信になった様に思える。

欲を言えば興梠の大味なトラップからミスになるところがなんとかなれば…良いのになぁ。


2010-09-18 22:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ザッケローニが日本代表の監督に就任! [Football]

ザッケローニが日本代表の監督に就任!

これはちょっとビックリしたニュースだったんだけど3トップ好きな原ヒロミなら何となく分かる人選。
たぶん3トップを戦術の柱にしている監督ならどこの国の人であっても良かったんじゃ無いのかな?って思ってしまった。

ザッケローニ監督は近年では芳しい成績を残している訳では無いけど、過去の実績とコンスタントにセリエAの監督を歴任している事からも最高では無いかもしれないけどそこそこの手腕は期待できそうな気はする。
以前「岡田ジャパンの5つの戦術的ミス」っていう本を読んだ事があって、その本でイタリア人の指導者達に指摘されていたポイントは「守備のセオリーが出来ていない」と言う事だった。

ザッケローニさんはイタリア人の監督にしては攻撃的な戦術を採用しているとしても守備の基礎やセオリーは絶対に持ち合わせているはず。期待したいのはまずその一点に尽きる。日本代表に、そしてJリーグからユースやジュニアのカテゴリーにまで基本的な事が浸透して行く事が理想だと思う。既にそういう指導者もいるかも知れないが、日本代表であれば露出度が高い分波及効果も高いだろうし。

過去の日本代表監督に就任した外国人監督は成績は別としても少なからず「何か」は残している。オフトのアイコンタクト、トルシエのオートマティズム、ジーコの選手の自主性、オシムの考えながら走る(ファルカンは記憶に無いけど…)などなどで、これらもマスコミ向けの表面的なものでしかないけどそれを基に各方面で分析され議論されて血となり肉となって行くもののような気がする。

今回は初のイタリア人監督。戦術家が多いと言われる国の監督であり、日本人も戦術の話は大好きな分野であるからこそザッケローニ監督には期待したい。


2010-08-30 23:22  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

UEFA CHAMPIONS LEAGUE 09/10 [Football]

ようやくチャンピオンズリーグのグループステージも折り返しの4節目に入る。早ければここでグループステージを突破するクラブがちらほらと出てくることになる。

前評判としては前回優勝のBarcelonaを筆頭に夏の移籍市場の話題を独占したRealMadrid、Man.Uに続き、あと少しで優勝を逃しているChelsea、Interなどが優勝候補として挙げられていた。ここ3試合を見ても前評判に異論を挟む余地は無いのだが、3節目はちょっとした波乱も起きていた。

まずはBarcelona。前節Interに引き分けたRubinKazanによもやの敗戦。そして同じくスペイン勢のRealMadridはカカを引き抜いたMilanに敗戦。いつもならBarcaよりRealを好む訳だが今シーズンはちょっと状況が違う。

鹿島ファンの自分としてはMilanの新監督に就任したレオナルドが気になってしょうがない。看板選手を手放し、要求した補強も進まず、チームの新陳代謝が滞っている末期的な状態のチームを引き受けたレオナルド。しかも2節ではZurichにまさかの(というほどでもないかもしれないが)黒星を喫している。3節の同グループの裏のカード(Zurich-Marseille)でMilanの負けを前提とした2位争いの三つ巴状態を前提に解説されてしまうほど。ところがReal2-3Milanとアウェイにもかかわらず3Topで挑み、打ち合いを制する結果に。どうやらロナウジーニョが徐々に調子を取り戻しつつあるようで、パトもすごさを見せていた。ただ右サイドバックはオッドではなく前節出場していたアバーテ(Abate)っていう若手?のほうがいい味を出していたので、また見てみたいと思わされた個人的に気になる選手を希望。4節ではホームにRealを迎えての一戦。この結果しだいではMilanが予想外の首位通過を狙える位置につけることになる。

同じく鹿島絡みで行けばジーコ監督。CL開幕前にCSKAmoskvaの監督を解任というニュースがあったが、その1週間後にはOlympiacosの監督に就任したところを見ると、解任ではなく合意に基づく移籍に近い。前々から打診があったのだろう。日本では代表監督を務めて以降、何かと評判のよろしくないジーコ監督だが、代表監督時代のジーコは鹿島時代のジーコではない。鹿島在籍時の映像や関係者の話などでも、自ら戦術練習を指導して怒鳴りまくっている映像や談話が多い。Fenerbahcheの監督時代もブラジル人が頑張ったからで監督の腕ではないという声があったが、CLに出場するクラブから名前だけで監督に招聘されることはそんなにないだろう。この3試合でArsenalにはさすがに歯が立たなかったものの、AZ、Standardにきっちりと勝ち2位通過の好位置につけることができている。ちなみにこのチームにはブラジル人は3人いるが、3試合ともスタメン起用されているのはドゥドゥ(元柏レイソル)だけ。ブラジル人頼みでもない。

そしてBesiktasのロドリゴ・タバタ。鹿島が今シーズン開幕前に獲得のために調査した日系選手。移籍も打診したとか。どんな選手なのか気になって見ているが、今のところ微妙。Jでは結構いけそうだがちょっと…?というところ。

上記以外ではある意味波乱の元凶ともいえるLiverpoolとAtleticoMadrid。前者はRealにシャビ・アロンソを引き抜かれたのがよほど痛いのか、昨年とは打って変わって別のチーム。ジェラードとトーレスが故障と言う事もあって、チーム力が安定していない様子。どうにもジェラードを低い位置で起用していることが原因らしいが、どうなんだろう?後者はまぁ、毎年こんな感じかなと思っているので特別言うことなし。

今回は今までと違って予選落ちしていた国のリーグ王者が出場できているので、聞いたことの無いチームが多いが、やはりそこは各国のリーグ王者。そう簡単に負け試合に持ち込まれることは少ない。主要リーグではなくとも国内で負け無しなど、勝者のメンタリティーと呼ばれる何かを持っていると感じる試合が多い。とはいってもやはりCLの醍醐味はミーハーな対戦カードだと思っているので波乱は少ないほうがいい。極力メジャーなチーム同士の決勝トーナメントが見たいというのが本音。波乱はレオナルドMilanだけに。



ジダンの導き [Football]

このイベントの開催を知ったのが前日の深夜12時を超えるか超えないかというとき。
どうやらアディダス主催のイベントらしい。内容としては17:00頃からジダンが
フットサルをやるとのこと。対戦相手かチームメイトかは明記されていないが
一緒にプレーする選手として名波、北澤、小倉、前園となっていた。
場所は味の素スタジアム。そして入場料はなんと無料。
別に有料でも構わないんだけど、フットサルということは7分、ないし10分ハーフで
都合15分から20分のためにわざわざ飛田給まで出かける労力と
生ジダンを天秤にかけた結果、敢え無くジダンノ勝利。
深夜にもかかわらず同行者を募るため、関係各所へご連絡差し上げることに。
こちらは敢え無く撃沈。前日深夜というか当日未明に言われてもということです。

という訳で単身味の素スタジアムへ乗り込むことに。
途中電車が人身事故で止まってしまうというトラブルが発生。スタジアムの開場は16:00。
キックオフは漠然と17:00「頃」。そして乗り継ぎを検索し、新宿まで辿り着いた時には
既に16:00を過ぎてしまっていた。ちょっと挫折しかけたけども一応会場まで行ってみようと、
16:45に飛田給に到着。電車の事故のせいなのか結構急いでる人がいる。
そして明らかに勤務時間のはず?のスーツ姿のサラリーマンの姿もやたら目に付く。
そんな周りを見渡しながら味の素スタジアム入り。FC東京-鹿島戦以来のスタジアム。
無料ということもあって事前に整理券の配布があったらしく、おそらくメインスタンドか
ピッチサイドかに入場できるんだろうと思いつつその他の人たちのゲートへと進むと、
既にピッチの上には何人かのテレビクルーと背番号10の人が
リフティングをしている真っ最中だった。でもジダンにしては細身で髪の毛も黒くサラサラ。
よくよく見ると見覚えのあるユニフォームで、どうやらナインティナインのやべっちっぽい。
近くにもう一人ユニフォームを着た前田アナもいる。どうもやべっちFC(テレビ朝日)と
スーパーサッカー(TBS)の公開収録みたいな雰囲気。でも加藤浩二の姿はなさそう。
スーパーサッカーは番組改変以降一切見ていないわけで、たぶんスーパーサッカーの収録では
ないのかもしれない。

で、まず最初に収録が始まったのがやべっちFC。PA310327
ジダンと握手を交わすと早速「やべっちへの宿題」っぽいリフティングからのヒールリフトを披露。
生でみるとやべっちは上手いんだなぁとちょっと感心。

PA310333 
ルーレット中のジダンと矢部↑

その後ジダンによるマルセイユ・ルーレットとFKの実演。マルセイユ・ルーレットは
軽く見せただけだったが、FKはやっぱり違う。Jリーグで見るFKより心なしか
弾道も速いし重そう。いや間違いなく違う。真横のアングルから見ていたので枠のどこに
飛んでいるかはちょっ とわからなかった。これは斜め後ろくらいから見てみたかった。
ちなみにやべっちのルーレット実演はふらふらしながらDFジダンをかわせた?感じ。
そしてTVでみるFKは結構正確だったのに今日に限っては「あれ?」っていう感じで
3本蹴って最後の1本が壁に当たって枠の中へ。ジダンが祝福に駆け寄ってくれるオマケ付き。
そういえばジダンもFKを1本外したけど、即興でこぼれ球を拾ってGKとの1対1に突入。
華麗にチップキックでGKを外して枠の中に流し込んでいた。文字で表現しても伝わらないけど、
とにかくボールタッチが柔らかい。あんあにゴツゴツした風貌なのに、です。

PA310337 PA310339 FK中のジダン&矢部

さて、やべっちFCの収録が終わりフットサルの開始まで時間があるようで、
一旦ジダンは控え室に戻っていった。で、ピッチにコートでも作るのかと思っていたら
遠く逆サイドゴール裏にフットサルコートが既に準備されているのを発見。
逆サイドゴール裏スタンドの人の入り様がすごかったのにフットサルコートの存在には
気づかなかった。そして今いる場所からはほぼ見えない。
そそくさとその場を離れ整理券不要のエリアで最もゴール裏に近い場所を探す。
ゲートで言うとM6からM11(だったかな?)まで移動すると、おあつらえ向きの場所に出た。
コーナーフラッグ付近の1F最上段での立ち見。フットサルコートの真後ろのアングル。
ここなら見易いということでキックオフを待つ。
その間に今まで遣ったことの無いE-P1の動画モードをセッッティングして試し撮り。
「HD画質だと1回で確か7分まで撮れたよな~。前後半で2本に収まるな~」と
計算していたところで選手紹介が始まった。

対戦カードはJ-OBvsジダンチーム。前者はともかく後者のネーミングは
何とかならなかったのかな、アディダスさん?
J-OBには森山、上野、小島(GK)、加藤望、中西永輔(字あってたかな?)、柱谷哲二、
そして本田泰人。本田と柱谷の登場はちょっとしたサプライズ。
この二人は歓声も大きめ(あくまで個人的な印象)だった。
対してジダンチームは当然ジダン、名波、小倉、前園、岩本輝、下川(GK)、福永泰、
相根(フットサル日本代表の人だったっけ?)という豪華メンバー。
戦力の差が有りすぎな感じがしないでもない。ちなみにどちらのチームにも
北澤はいなかったという、これこそが真のサプライズ。
(注:あとでアディダスのHPを確認してみると最初から名前が無い。
本田と柱谷は記載があった。山口素が予定ではいたらしい。)

試合はというと前半はきれいに崩すという狙いがお互いに強く、その分ミスも多い。
そんな中ジダンのワンタッチのボール捌きには歓声が上がりっぱなしで、
まさにボールが足に吸い付いている。相手のかわし方も派手なフェイントがあるわけではなく、
トラップする位置をスッと離したりボールを引いたりするだけで狭い局面をいとも簡単に
すり抜ける技術は圧巻だった。名波のボール捌きも普通の人に見えてしまう(もちろん
全員上手いんですが)。そんな中、一際頑張っていたのが本田。
ジダンにも結構激しく削りに行く様は現役の頃を髣髴させる。たぶん歓声が大きめだった
本田と柱谷はフットサルにはいかにも向いていなさそうなほどに足元の技術には長けていない。
本田は常に自陣ゴール前に残ってカウンターに備えていた。
ジダンを削りに行ってはいたがそれ以上に削っていた相手が名波。
完全に現役を思い出して削りに行っていた。名波もそれに答えるかのように削りあっていた。
すごく懐かしいマッチアップだった。もう一点「お?」と思ったのが、途中出場とはいえ
小倉があまりばてていなかったこと。いつもスーパーサッカーでフットサルをやると
すぐに息が上がってシュートも空振り、ボールコントロールもままならなかったのに、
この日に限ってはシュートにいくまでのプレイも安定して、結果も着いてきていた。
この日のためにトレーニングしたのかビーチサッカー日本代表を目指していたのかは
わからないけど、いつもの小倉ではなかった。

後半は点差をつけられていることもあってジダンチームが積極的にシュートを打つ展開となり、
ジダンも単独でドリブルで切り込みシュートを打つ機会が増え、
後半は特に本気度が上がっていたので面白い試合になった。
結局試合はJ-OB 6-7 ジダンとなり、ゲストを立てつつも内容のあるエキシビジョンマッチに。

想定外といえば20分ハーフの試合で、計40分もの試合時間だったこと。
さすがにE-P1で撮影していた動画は前半だけでSDカードがいっぱいになり、
後半5分も取れたかどうだか微妙なところ。
途中余分な動画(選手紹介のシーンとか)を消して撮ってみたけど、
後半は試合が飛び飛びの動画に。
撮っていないシーンでジダンの本気プレイと
柱谷の面白プレイ(ジダンのリフティングに柱谷がマッチアップ)が取れなかったのは残念。
このイベントはお金を払っても見る価値があったイベントだった。
電車のトラブルで挫折しなくて本当によかった…。

※写真は全てOLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO DIGITAL 14mm-42mm F3.5-5.6
  トリミングして拡大。



ラーメン!

何ヶ月ぶり、いや、1年以上?食べていなかったラーメンを外食して食べるどころか

家で茹でてみました。

PA240314

具が一切無い「素ラーメン」です。無いのが普通ではなく、入っていると思っていたら

スープと麺しか入っていなかっただけで、見た目にも既に美味しくはなさそう。

写真はE-P1 14-42mm F3.5-5.6で撮ったんですが、写真の腕も無い上に

具も一切無いので、食べ物としてのしずる感(使い方は合ってるのかな?)が微塵も感じられず。

 

どうしてこんなラーメンが…というと、

PA240320

原因はこれですね。賞味期限があと1週間で切れそうになっていたので、

とにかく食べないと!という理由だけでナベから買いに行く羽目になってしまいました。

味はというと超が付くほど濃い口醤油ラーメンで、極太縮れ麺。

どうやら賛否両論、好き嫌いがはっきり分かれているとか何とからしいです。

そのお土産ラーメンセットなんですが野菜が入っていれば結構おいしいかも。

3食入りなのでチャンスはまだ2回ある。次回は野菜を忘れずに。



PENと革貼りキット。 [カメラ]

先日購入したE-P1。それと同時に購入した革貼りキット。
それをようやく貼ってみた。

NEC_0017.jpg

最初はちょっとミーハーかな?と思って革貼りキットを買うのも躊躇ったものの、
かなりの確立でE-P1を選ぶ人は見た目に惹かれた人が多いような気がした。
というか自分もその中の一人なわけで、フィルムカメラのPENは知らなくても
クラシカルなデザインを優先して選んだなら「それっぽさ」を出してナンボかなと。

いろんなサイトやブログを見る限りじゃ
E-P1+17mmパンケーキをメインにしている人が多い感じはするけど、
この革貼りキットを貼ったらパンケーキよりも14-42mm標準ズームのほうが
収まりが良いかも。なんか妙にカメラクサイ。

NEC_0019.jpg

E-P1本体のの写真を撮ってみて気付いたのは標準ズームの縁取りの青がやたら目立つ事。
手にとって持っている時には感じなかったのが、光の当たり方なのか携帯カメラで撮ったkらなのか。
とにかく綺麗にみえる。まぁ使う分には何の関係もないことだけど。

NEC_0020.jpg

E-P1を買ってからコンパクトデジカメで過去に撮った写真を見返す機会が増えたこともあって、
撮像素子(最近覚えた言葉)のサイズやレンズの違いで結構写真写りに差があることを実感。
今回携帯で撮った写真を見てもベタッとしていてそれなりでしかないし。ナルホドネ。


2009-10-20 00:22  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

OLYMPUSのキャンペーンで写真にダメ出しが・・・。 [カメラ]

先日E-P1のキャンペーン用に投稿した写真のないようについて
メールでOLYMPUSから問い合わせが来ていた。

内容としては写真にキャラクターが写っているというもの。
まぁ、一方的にダメですよということではなく、
権利者側に許可を得ていますか?という問い合わせだった。

許可の申請はしていないわけで、投稿した写真はさっさと削除したわけですが
こういうものってどこまで著作権の侵害に抵触してくるのやらよくわからない。

営利目的に勝手に使うのはダメだというのはわかるが、この場合は営利目的に入っちゃうのかもしれない。
確かにお台場の1/1ガンダムを例にキャラクターはダメって確かに書いてある。

著作権があるのはキャラクター物のみならず、一般的に店頭で販売されている
いろんな商品ほぼ全てに於いてデザイナーが携わった著作物だと思うわけで、
キャラクターに限定されるものではないと思うし、風景写真に写っている屋号や
見ず知らずの人の肖像権もあるのでは?っていう写真もありそう。

お台場のガンダムは確か勝手にネットに写真を載せないようにっていうクレームが
ニュースにもなっていたような気がするけど、
あれってすでに建築物じゃないのかな?
有名建築家のビルも写真の掲載はダメなのかどうなのか?

詳しいことはわからないけどとりあえず当たり障りのないような写真で再度投稿してみたところ、
とりあえずOLYMPUSの審査は無事通過し、
ライトトーン、トイフォト、ファンタジックフォーカスの3つで投稿完了。

なんだかやっつけっぽい写真に見えてしまうのがちょっと残念ですが・・・。

ライトトーン
3266347

ファンタジックフォーカス
3266348

トイフォト
3266349

全てE-P1+17mmパンケーキ


2009-10-19 01:51  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

E-P1(とE-30・E-620)のキャンペーンに応募してみた写真。 [カメラ]

3261460OLYMPUSのサイトで開催中のアートフィルターの投稿キャンペーン。
各アートフィルターに設定されたテーマに沿って
3つのテーマにそれぞれ1枚ずつ、合計3枚写真を応募したら
プレゼントが「抽選で」もらえるという内容で、
もらえるものもAcruってお店(ブランド?)の出している
レザー製のカメラバッグ×6名、ストラップ×6名。

このキャンペーンのポイントは写真の良し悪しではなく、
あくまで「抽選」というところ。
腕に自信のある人だけではなく、自分のような「超」がつく初心者でも
当選する可能性はあるわけです。

応募期限は11月5日まで。
「あと2枚はどのテーマにしようかな~」みたいに
考えながら撮るのも初心者には良い練習っていう
OLYMPUS趣旨かもしれません。

今回投稿したのは「アートフィルター:ファンタジックフォーカス『光と影』」でした。


2009-10-14 22:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

OLYMPUS PEN E-P1を衝動買い! [カメラ]

P9200269.jpg

E-P1 パンケーキ ファンタジックフォーカス

P9200233.jpg

E-P1 パンケーキ トイフォト

何年ぶりかにこのブログを再開。
というのもOLYMPUS E-P1を衝動買いしたから。
なんか写真を載っけてみたいな~と思いたったところ、
まったく更新していないこのブログの存在を思い出したわけで。

さすがにカメラのキホンを勉強しないと全然わかんないことだらけ。
でも被写体のボケ具合はコンパクトデジカメにはなかった要素で、その面白さはナットク。
アートフィルターもちょっとひねりが利いててこれまた面白いかも。


2009-10-09 00:56  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

グループC ①アルゼンチン‐コートジボワール [’06ドイツW杯]

火が付くのが遅かったのかもしれない。

コートジボワールが殆ど捨て身になって攻めに出たのがもう少し早かったなら・・・?

スポーツで「たら・れば」を言ってしまってはきりが無いのは承知なのにそれでも後半中盤に
中だるみっぽい時間ができてしまい、コートジボワールが行くか抑えるか迷っていた感があった。

アルゼンチンは前回大会グループリーグ敗退の教訓があったのか、常に慎重に試合を運び、
2-0としてからはクレスポ・サビオラ・リケルメに攻撃をほぼ任せて
ソリンやなどは無駄なオーバーラップは抑えていた。
いつに無く守備的な印象だった。

対するコートジボワールはやっぱりアフリカ勢はチームとして機能させようとすると、
どうも動きに制約が多くなりすぎてしまうのか、後半の追い上げに入ったときの
個人で全てのラインを切り裂いていくような突破力が影を潜めていた。

まぁ、90分間続けられるもんじゃないし、相手が守勢に入っていたからこそだろうけど。

にしてもドログバはすごいの一言。3人掛かりで止めに行かないとどうしようもない相手。
解説の山本昌邦さんもNHKの放送らしくなく興奮しすぎていた様子で、
いつに無く饒舌。

監督を辞任した後だから肩の荷が下りたってのもあるのかないのか?

それはさて置きこの試合のMVPはサビオラだと思う。
バルサを退団してから全く見る機会も無くなり、
代表でも余り招集されている印象が無かったので
今大会のメンバーに選ばれているのは試合が始まるときにはじめて知ったくらい。

初めて見たときがワールドユースで、すごい技術の際立った選手で同大会で優勝したときから
マラドーナ2世(何人目だっけ?)として巷で騒がれていた選手だけに、
バルサでの不振は残念だった。
その後モナコ(?)に移っても在籍期間は短かったので
もうダメなのかと思ってしまっていた。

そんな彼のセンスあるゴールが印象的な試合でした。

ついでにオフサイド判定に気づかずに3-1と思って実況・解説していた
熱いNHKアナウンス陣(+昌邦さん)にも拍手!
というより昌邦さんが引き込んだ状況といったほうが正しいかな?


2006-06-11 22:02  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。