So-net無料ブログ作成
検索選択

'06ドイツ大会で再び輝けるか?~ラウール・ゴンサレス~ [’06ドイツW杯]

フランスと同様スペインについても無敵艦隊と呼ばれるにふさわしい
パフォーマンスを見せることができなかった。
ジダンと同じクラブで代表でもキャプテンラウール
今大会が最後のW杯と言っており、なおかつ同様にプレーに冴えがない。
クラブがうまくいっていないから選手のプレーも冴えないのか、その反対なのかは分からないが、
前回のチャンピオンズリーグまでの歴代最多得点者(今大会でシェフチェンコに抜かれている。)で、
代表でも歴代首位のFWとして長く両チームに君臨していたが、
今大会ではレギュラーポジションも危ぶまれておりロシアとのテストマッチでもスタメン出場はしていない。

確かに4-3-3のフォーメーションで固定するならフェルナンド・トーレスがいる以上は
ラウールにポジションはないとは思う。
しかしロシア戦後にアラゴネス監督はラウールをトップ下に配置したフォーメーション練習を
続けているという事はラウールへの信頼は揺るいでいないのだろう。

以前はモリエンテスとの2トップでクラブ・代表ともに結果を残してきた中でも、
代表では'98W杯のグループリーグ敗退が決まった後の
泣きながらゴールを決めていたラウールの涙が忘れられない。

ロシアとのテストマッチでも序盤は圧倒していたもののなかなか点が取れないと、
徐々にバランスを崩していく悪癖は攻めるスペインのお国柄なのか?

ユースの頃から得点記録を更新し続け、トップチームに上がってもリーガやCLに出場し続け、
結果を残し続けてきたラウールの体は既に満身創痍だとも言われている。

毎回優勝候補に推しているスペインの至宝に是非輝いて欲しいと今大会は強く願う。


2006-06-04 22:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。