So-net無料ブログ作成

グループB ①イングランド‐パラグアイ②スウェーデン‐トリニダードトバゴ [’06ドイツW杯]

これはこれは混戦の予感。

ドワイト・ヨーク率いるトリニダード・トバゴが初出場にしてスウェーデンと引き分け、
あわやカウンターで勝ち点3を得るかもと思わせられる試合展開でした。
試合を見てはじめて知ったんですが、
トリニダードの監督ってオランダ人の有名な監督ですよね?
名前は見てないけど顔は知ってる気が・・・。

これはこれは混戦の悪寒。

1戦目のイングランドも結局のところはオウンゴールで辛うじて勝ち点3だったし、
スウェーデンもなめてかかってたせいなのか、
解説:木村さんの言うとおりに体が重そうなのは、
コンディションをトーナメントに合わせて上げてる途中なのか昼間の試合は
北欧選手には堪えるほど暑く感じてしまうのか。

いずれにせよ、負けたとはいえパラグアイも捨てたもんじゃないし
トリニダードトバゴも守って守ってカウンターの定番スタイルで
アフリカ勢に加わって並外れた身体能力が猛威を振るうのか?

次は新旧マンUの顔ぶれがマッチアップになるので、
ヨークがどんなプレーを披露するかちょっと見物なのですよ。

それにしてもイブラヒモビッチのプレーもびっくりさせられました。
自分の目線と同じ高さぐらい(180cm前後?)のボールを
オーバーヘッドじゃなく軸足を地面につけたまま
ボールの上から足を振り下ろしてインフロントに当てて
シュートしたときは目を疑ってしまいました。

実況でも、イブラヒモビッチが幼い頃に
テコンドーを習っていたというエピソードを交えていましたが、
それだけじゃないんじゃないかい?
それを弾き出してたGKも立派でしたが。


2006-06-11 03:39  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

☆YUNA☆

コメント失礼します♪(>ω・人*) なんとなく気になったので・・・また来ますね・・!
http://ameblo.jp/moxilo/
by ☆YUNA☆ (2006-06-11 03:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。