So-net無料ブログ作成
検索選択

グループC ①アルゼンチン‐コートジボワール [’06ドイツW杯]

火が付くのが遅かったのかもしれない。

コートジボワールが殆ど捨て身になって攻めに出たのがもう少し早かったなら・・・?

スポーツで「たら・れば」を言ってしまってはきりが無いのは承知なのにそれでも後半中盤に
中だるみっぽい時間ができてしまい、コートジボワールが行くか抑えるか迷っていた感があった。

アルゼンチンは前回大会グループリーグ敗退の教訓があったのか、常に慎重に試合を運び、
2-0としてからはクレスポ・サビオラ・リケルメに攻撃をほぼ任せて
ソリンやなどは無駄なオーバーラップは抑えていた。
いつに無く守備的な印象だった。

対するコートジボワールはやっぱりアフリカ勢はチームとして機能させようとすると、
どうも動きに制約が多くなりすぎてしまうのか、後半の追い上げに入ったときの
個人で全てのラインを切り裂いていくような突破力が影を潜めていた。

まぁ、90分間続けられるもんじゃないし、相手が守勢に入っていたからこそだろうけど。

にしてもドログバはすごいの一言。3人掛かりで止めに行かないとどうしようもない相手。
解説の山本昌邦さんもNHKの放送らしくなく興奮しすぎていた様子で、
いつに無く饒舌。

監督を辞任した後だから肩の荷が下りたってのもあるのかないのか?

それはさて置きこの試合のMVPはサビオラだと思う。
バルサを退団してから全く見る機会も無くなり、
代表でも余り招集されている印象が無かったので
今大会のメンバーに選ばれているのは試合が始まるときにはじめて知ったくらい。

初めて見たときがワールドユースで、すごい技術の際立った選手で同大会で優勝したときから
マラドーナ2世(何人目だっけ?)として巷で騒がれていた選手だけに、
バルサでの不振は残念だった。
その後モナコ(?)に移っても在籍期間は短かったので
もうダメなのかと思ってしまっていた。

そんな彼のセンスあるゴールが印象的な試合でした。

ついでにオフサイド判定に気づかずに3-1と思って実況・解説していた
熱いNHKアナウンス陣(+昌邦さん)にも拍手!
というより昌邦さんが引き込んだ状況といったほうが正しいかな?


2006-06-11 22:02  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

ペコー

こんにちは~初めまして~TBPのリストから飛んできました~

踊り子はまだ20歳の私ですら
このエモの追加は正直理解できません。
おっしゃる通りにクエの意味が全くなくなっちゃうし。

そのジョブの特徴とも言えるものを
ジョブ関係なくできるようにしちゃうのは
絶対に間違ってるとおもいますね~

by ペコー (2008-03-11 12:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。